FC2ブログ

Arena Condition

AM 10:20 November 6, '09 (Friday)

 全国的な秋晴れで、気温は20°位になるそうです。

 今日で、馬場は万全になることでしょう。

 予定通りフェンシングのレッスンができそうです。
 対象者は、大凡インターメディエイトノンプロ以上のライダーかな。

 日頃のライディングで、ストップやスライディングストップについて、以下のことを解決してみましょう。

 1.感じていること。

 2.疑問に思っていること

 3.分からないこと。

 4.乗り越えられないこと。

 5.準備運動としてやっておかなければならないこと。

 1)ガイド。(前肢と後肢のステップ角のコンビネーション)
 
 2)踏み込み。(ストライド)

 3)コンセントレーション。

 4)その他。

「三つ児の魂」

 くだらないことかも知れないが、子供の頃からの習慣で生活のリズムになっていることや、親父がやっていたことが今では自分がそれをやっていることなど意外に多いものだ。

 私は、ご飯をおかわりするとき、茶碗にほんの一口ご飯を残しておかわりをする。おかわりしないときだけ残さずに食べる。そんな拘りで、間違っておかわりしたいのに茶碗の中のご飯を、全部食べてしまったときは、絶対におかわりをしない。

 茄子は、縦に細長く切る。丸く輪切りにすると機嫌が悪くなる。これといった理由はなくて、多分子供の頃から細長く縦割りに切った茄子を、食べていたというだけのことだと思う。

 鰺や秋刀魚を三枚に下ろすとき、この頃の料理番組では先に頭を切ってしまう。それを見て確かに頭を先にとった方が下ろし易いが、昔はそうはしていなかったように思う。
 三枚に下ろしてから頭を切り落としていたと思う。私の記憶違いかも知れない。しかし、私は断じて、頭を先に切り落としはしない。三枚に下ろしてから頭を切り落とすことを、私のプライドにかけてこれからもそうするだろう。

 それから、この頃お蕎麦屋さんや食堂へいって、天ぷらうどんなどの温かいそばやうどんを注文すると、お玉の小さい杓子が付いてくることがある。私はそれを使わない。やはり断じて使わない。しかし中華で付いてくるレンゲは使う。理屈に合わないが、そばやうどんの丼に付いてくる杓子は、私のプライドにかけて使わないのだ。

 この頃のファッションで、シャツをパンツの中に入れずに出している人が多い。この2~3年は、シャツを入れていない人の方が圧倒的の多くなっている。そうしている人に対して何の感想もないが、私は断じてシャツをパンツの外に出して歩くことはしない。

 お風呂に入るとき、先ず身体を洗ってから湯船につかる。どんなに寒い日でもそうする。
 そして顔から石けんで徐々に下へ渡っていって肢の指先まで洗って、最後に背中を洗う。
 顔を洗うとき、耳の中まで石けんで洗う。そうしたら最後に髪をシャンプーする。そうして全部洗い終わって、シャワーで石けんを頭から足の指先まで流す。そして初めて湯船に入る。
 毎日この手順が変わることはない。

 それから私は、シャツの下に下着を着ない。
 20才の頃からそうしている。
 それは海外の映画でそうしている映像を見る度に、憧れを持っていて何れそうしたいと思っていたが、私はお腹が冷えやすくて中々下着を捨てる勇気が出なかった。しかしあるとき思い切って勇気を出して、下着を着ないで素肌にYシャツを着ることにした。すると思っていたほどお腹が冷えるということがなく快適だったのだ。それからというもの、私は下着を着ないのである。
 真冬でもシャツとダウンのジャケットの2枚で過ごすのだ。このやせ我慢が続けられる限り、自分は男だという誇りを持ち続けられるのかなと思っている。

 それから真夏でも半袖を着ないということも、人から見れば何も意味のない拘りだ。馬の仕事に入ってからそうするようになったことで、虫に刺されたりするのが嫌でそうするようになったことだ。

 餃子のたれは、必ず最初にラー油を入れてそのラー油の中心に酢を注ぐ、その酢はラー油からハミでないように注ぐ、そして最後に醤油をそのラー油の周りへ注ぐ。決して、醤油をラー油と酢の中へ入れてしまうということはない。そして、最後に割り箸でこれらを混ぜるのだ。ただ次にやってみようと思っているのは、最後に混ぜるということをしないで、そのまま餃子を付けて食べてみようと思っている。
 もう一つ餃子には拘りがあって、最近店によって餃子を盛りつける皿に、たれを入れるところが一体になっているものがある。本当は、たれを別の皿で食べたいものだと思っている。
 基本的に、誰かにこれをやって貰うということはなくて、やって欲しくないと思っている。

 納豆は、市販のものの大凡は辛子と出汁醤油が付いている。私は、出汁醤油を使うことはない。これも理由はない。ただそうしたいだけだ。
 それに、納豆を食べるときは、先ず辛子ときざみネギを入れてかき混ぜる。絶対に醤油をこの時は入れない。そして充分糸を引かせてから醤油を、何度かに分けて入れる。醤油で色艶がでるようになることが、醤油の入れる目分量だ。勿論醤油を入れてはかき混ぜるということを繰り返す。
 この醤油を入れたときに糸引きがなくなったり弱くなったりしてしまう納豆は、私にとって良くない納豆で、そんな納豆は食べたくないものだ。
 そして一通りできて、いざご飯に納豆をかけるときに、ご飯にかける納豆だけにもう一度醤油を入れて艶を出してからかける。おかわりをしてもう一度納豆をかけるときも同じことをするのだ。これも誰かにやって欲しくないことの一つだ。

 書き出すともっともっとへんてこな拘りがあって、本当に自分は我が儘な人間だと思う。ただできるだけ自分だけの拘りとして続けたいだけで、誰かに押し付けたりしたいと思っているわけではない。だからこんなこと人に言わなくても良いことだから、普段人に話すことはない。

 私は、自分の本当の力は根拠のない自信だと思っていて、プレッシャーの大きい局面や状況のときに、自分が持っている力を出せるのは、この根拠のない自信を持っているかどうかにかかっているのだと思っている。
 この根拠のない自信は、こんなたわいもない拘りが作っているのではないだろうかと思う。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード