FC2ブログ

Arena Condition

PM10:00 September 18, '09 (Friday)

 明日からの連休は、大凡天気は良いようですし、馬場状態も良好です。

 是非積極的に上達を計って、何か必要なことをじっくりとやってみましょう。
 質問や疑問をどうぞぶつけてみてください。


 「官僚支配からの打破。脱官僚」

 民主党は、官僚支配の打破とか脱官僚とかいうのをスローガンに上げている。

 政治に関わらず何かをしようということは、馬を乗るのと同じで、自分が馬に乗る為の技術を身に付けてその技術を駆使することと、馬自身をトレーニングしてライダーの指示に応えられるようにしておくことと、その馬が従順でライダーにリスペクトしていることが兼ね備わってこそできることなのだ。

 ライダーが良くても馬が悪ければ上手に乗馬をすることはできないし、その反対でも上手くいかない。ライダーと馬が一体となってこそ乗馬はできることなのだ。

 つまり乗馬がライダーと馬とを切り離すことができないように、政治とそれを実際に運営する官僚とを切り離すということこそが、ナンセンスなのだといわざるを得ないのである。政治を実行するには、官僚と一体的なってこそできるものなのだ。
 政治家が官僚と方針を互いに理解して、その方針を実現したいという熱意を共有してこそ、機能するものなのだ。

 ということは、細々しいことではなくて、先ず日本はどんな国を目指していくのかというビジョンを示して、国民の賛同を得たビジョンを政治家と官僚が共有して、具体的に一つ一つ政治家と官僚が一体となって実行していくということだ。

 しかしこの国は長い間、政治家の慢性的勉強不足と能力不足が続いてきたために、官僚はそれをカバーしなくてはならないという使命感で、政治の分野にまで手を出してきてしまったのだ。しかし誰もその官僚を評価してきたことはない。政治家は官僚を褒めれば自分の能なしがばれてしまうと畏れて、決して褒めることはないし、マスコミは不祥事が起きると一斉に官僚批判をして、当たり前のことが当たり前としてこの国が運営されていることに対して、それは優れた官僚組織があってこそだとは誰も言わないのである。

 この国の官僚組織を駄目にしたもう一つの原因は、自民党が政権を取っていた時代において、自民党以外が全て野党だったということだ。つまり野党に民主党や社民党や共産党だけでなくマスコミも野党の一員だったということだ、芸人が人気を得てニュースキャスターをしてそれを面白がっている国民もまた野党の一員だったのである。

 99%行政が上手くいっていることに対して、野党であるマスコミは何も言及することはない。しかし一旦不祥事が起きたとなると一斉に批判をして袋だたきにする。
 こんな幼稚なマスコミが行政官僚を駄目にしたのだ。
 何故なら、野党であるマスコミは、何か批判の対象となるものはないかと絶えず伺っているので、官僚は本音を言うことはできないし、間違いを間違っていましたと正直に言うこともできない。もし正直に言おうものならとマスコミはこれ幸いとばかり批判を初め、集団的虐めといえるような批判を繰り返す。

 何れにしても、政治家が脱官僚といってしまうことは、乗馬において馬を無くすことと同じことなのだ。有り得ない話なのだ。

 見識があって絶えず全体を俯瞰して物事に対峙して、適確な判断をすることができる政治家が出現するまでは、我々は官僚のモチベーションが上がるように、官僚の職場に関するシステムを構築していかなければならないのかも知れない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード