FC2ブログ

Arena Condition

PM 10:00 September 15, '09 (Tuesday)

 今日は、午前中に雨が降って、日中は止み騎乗できました。馬場もやや重といった状態でした。

 そして今は雨が降っています。今夜半まで降って、後は晴れるようです。明日の馬場コンディションは、今日と変わらないでしょう。


 「産声と教育」

 教育は、自分が自分を、第三者が自分を、また自分が第三者を育成する為に行う。

 何かを始めたときが一番未熟なときで、あるべき姿をイメージして練習をする。この時意志の中で何が起きていたのか、後々振り返っても中々思い出せないものだ。

 自分が自分を、第三者が自分を、自分が第三者を教育する場合などのケースに関わらず、教育するということは、熟練している姿が規範をなって行うものだ。
 

 教育の対象が、教育を受ける人よりも指導者が上達していたりよく物事を知っていたりする場合が大半だ。その逆に先生が生徒より劣っているケースは希だ。しかしトッププロといわれるアスリート達に付いているインストラクター達は、生徒より先生の方がプレイする技術力が劣っているケースが多い。

 教育する場合に、生徒の方が優れているのか先生が優れているのかが問題だとは思わないが、先生の方が優れているのが、生徒と先生との関係を形成する根幹になっている場合は、問題だと思うのである。
 何故なら、多くの場合指導者ができない人や理解できない人の原因や心理を理解することができない場合が多いからだ。
 先生自身がそれを理解したり体得するのに、スムースにできてしまって難なく上達してしまったり理解できてしまったりするものだから、中々理解できなかったり上達しない人の原因や心理を理解できないばかりでなく、その時どんな感覚なのか、何を苦労しているのかについて、理解できないし理解しようとしないことが多いのだ。

 そのことに長けている人が先生になって指導すると、正しいと思えることを繰り返して指導することになってしまう。正しいことを教えることは真っ当なことだが、誰にでも当てはまることではない。
 生徒にとって物事の始まりは、それを学んだり練習したりするときに、どんな概念を抱いたか、どんな感想を持ったかとか、どんなフィールであったかに基づいて、今後の教育の方針や方法が決まらなければならないのに、指導者が過去に経験したことや指導者が考える正しいと思えることから始めるということになってしまいがちなのである。
 
 教育によって物事を理解したりできるようになるということは、その人が持っている感性や運動能力や感覚を育成することなのであるから、第一印象がどのようなものであったかが重要で、その第一印象がその人が持っている知識や感性や価値観など、つまりその人そのものがもたらしたものであり、その第一印象を教育する最大の手がかりでなくてはなりません。

 それを正しいことを教えるということの名の下に、間違いだと断定したり否定したりして、生徒が持っている感性を打ち消して、先生が思っている正しいことを植え付けようとする。

 生徒が持つ第一印象は、その人自身の産声なのだ。その産声が成長して意味のある言葉として発声するには、意味の分からない音としか聞こえない声を聞き取ってあげて、なるべくその音に近い意味のある言葉にして返してあげることによって、次第に赤ちゃんは言葉を発するようになるのである。

 教育は、物事に対峙したときに最初にもつ印象を手がかりにして、その手がかりを成長させるようにすると考えなければなりません。否定から始める教育は、教育と言えるものではない。

 そして自分にとって自分が身近な指導者であり生徒なのだから、自分自身が自分が最初に抱いた印象を打ち消して、世間一般で正しいといわれている常識に基づいて、自分が抱いた印象を無視したり否定したりしてはならないのだ。自分が抱いた印象を分析したり疑問視したりして、その印象を手がかりに教育を施さなくてはならないのだ。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード