FC2ブログ

Arena Condition

PM 9:00 August 25, '09(Tuesday)


 馬場は、からからに乾燥しています。
  明日は、水を撒きたいと思います。


 「コピーは、しようとしたものの」

 新企画へ数人がトライしました。

 映像を理屈抜きで見て、そのまま自分の身体で再現する。つまりコピーするという企画に参加を頂きました。
 どうしてもプロが普段自分の馬にのっている所を見ると、自分の上手く行かない所や知らない所をどうやっているのかと見ようとしてしまうものだ。しかし今回の企画は、自分の目で見たままを自分の身体で再現する為に、プロのやっている所を見る。印象に残った影像をそのまま真似る。

 それぞれの人がその映像を、直に見たりビデオを見たりして、実際に真似するようにやってみた結果どのような感想を持ったかが、この企画の本当のスタートだ。

 実際には、影像をそのまま真似るように見るということ自体が、良く分からなかったり、理屈を加えずに見るということも難しいと思ってしまったり、兎に角上手く摘めずにただひたすら真似ようとしてみたことだろう。

 そして実際に自分でやってみて、どんな感じを受けたか。今までと違っていたか、変わらなかったのか、何でも良いから特に記憶に残ったことなどを、先ず取り上げることが大切でここがこの企画のポイントで、今までと違う所なのだ。

 どんな印象や感想を持ったかを、置き去りしてしまっては、今までと全く何も変わらないのだ。

 どんな些細なことであっても、心に残っていることを、拘ってみることが大事なのだ。

 そしてその些細なことについて、どうしてそんなことについて記憶に残ったのか、どんな感覚でそれは何処で感じたのかについて、詳しく分析する必要がある。その分析ができたのなら、原因究明をするということになる。

 この過程において、人は色々と考える。

 記憶を呼び起こしたり、原因を探ったり、解決の為に新しい方法を編み出したり、そして考えたことを実際に試してみたりと、自分が感じた感覚を手がかりに、自分の全知全能をフルに活用して、解答を求める。
 感覚を手がかりに、思考を繰り返したり実際に身体を動かしたりして、試行を繰り返して、その手がかりになった感覚とやらで、解決したという実感を得ることによって、解決したという結論とする。


 つまり分かったとかできたとかいうのは、身体で実感したことをもって完結することであって、頭の中だけで理論的に解明したからといって、それでできたとか解決したとかと思うのは早計で、道半ばだということであり、自分自身の身体で実感したことによって完結しなければ、本当にできたとか理解したとか言えないのである。

スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード