FC2ブログ

Arena Condition

PM 10:30 July 28, '09 ( Tuesday)

 今日は日中も少し雨が降って、久々の水溜まりが馬場にできました。回復には少し時間がかかりそうです。


 「イメージトレーニング イン ジャパン」

 イメージトレーニングは、最近といってもそんなに最近ではないが、大切だといわれるようになった。昨今では、特にスポーツの世界で、良くいわれる。
 しかし、あまり日本において昔からそんなに馴染みの深いものではない。

 アメリカのプロゴルフツアーで初優勝を遂げた、宮里藍選手が優勝の弁で、「パットの素振りを止めました。素振りをしなくてもパットのイメージが掴めるので、むしろ素振りをすることでイメージがぶれてしまうより、描いたイメージのままパットすることにしたのです。」といっていた。

 イメージを描いてそれをフィジカルで表現するということが、今日当たり前にいわれるほどに浸透しているともいえるが、その実態はどうであろうか。

 イメージを描くには、普段からイメージと実際のフィジカル運動とを一致させるように、イメージしては運動を、運動してはイメージをというように、何度も何度も繰り返していなければできるようにならない。

 イベントやステージでパフォーマンスするために、イメージトレーニングがあるように思われている人が多いかも知れないが、そうではなくて普段から映像として頭脳に描き、その描いたイメージ通りに、フィジカルを動かすということを訓練しなくてはならない。

 映像をそのまま身体で表現することの方が、色々とハウトゥーを考えてそれを身体で表現することより容易であることが、今日ではイメージトレーニングの重要性を唱えられている要因なのである。

 つまり映像として頭脳に取り入れて、それを身体でコピーをする。そしてこれを確実に身体で表現できるように、論理的に分析するという作業が必要なのだ。

 身体で表現する前に、あれこれと理論的に分析してから、身体で表現しようとすると、大脳が邪魔をして見たままを身体で表現することを妨げてしまうのだ。勿論イメージトレーニングとは程遠いことになってしまうのだ。

 イメージトレーニングの初心者や苦手意識のある人は、特に見たままを先ず何も考えずに真似るということが大事で、あれこれと人に教わったり理屈を考えたりしてはならないのだ。先ずコピーしてやってみることが大切なのである。
 この時身体の何処かで、何を感じるのかが非常に重要だ。
 そして感じた感覚を論理的に分析するという手順を厳守しなくてはならない。何かを感じ取る前に、理屈を考えたりやり方を口頭で教わったりすることは、なるべく避けなければならない。映像で描いたものをそのまま身体で表現するのを、大脳が邪魔をしてしまうことを避けたいのだ。

 感じた感覚に基づいて、考察を加えるという順序を厳守したいのだ。そうすることによって、思考の起点が感覚的に感じたフィールとなるのである。

 思考の起点が感覚として感じ取ったものになって、その感じた感覚を分析する為に思考するという順序が当たり前になれば、やがて思考したことを映像として置き換えることもできるようになるのだ。
 思考の起点が感覚となれば、感覚はより洗練されて、思考したことを容易に映像としてイメージできるようになり、今まで経験したことないことでも映像として、想像することができるようになって、そのアイディアは、クリエイティブになるのだ。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード