FC2ブログ

Arena Condition

PM 8:00 July 3, '09 ( Friday)


 曇りの一日でしたが馬場は、水がはけた状態になりました。しかし今夜半から明日未明にかけた、雨が降るようです。

 講習会のお知らせ(2009)

1.日時       7月4日(土)午後1時より
           7月5日(日)午後1時より

2.会場       エルドラド ランチ

3.講習内容     馬のガイドのメカニズム

「トライアングルのレインコントロールによる馬のフレーム作り」

午後1時より   講 義  (於 クラブハウス)
午後3時より   実技講習 (メインアリーナ) 
             (デモンストレーションによる実技)

4. 講師        土岐田 勘次郎



 「とても腹の立つこと、でもとっても小さなこと。」

 私は、こんなことでとても腹が立ちます。とても小さなことのようだが、私にとっては、とても許せないことです。

 それは、抗いようもないほど抗しがたいことで、しかも何処にその矛先を持っていって良いかが解らない。持っていってもいい矛先は分かるけれど、その矛先を持っていったとしても、私が可笑しいと思われてしまうのが落ちだと思う。

 しかし、誰かが確実に、意図的に犯している罪であることは間違いない。しかも誰にも気付かれないだろうと高を括っているし、気付いたところでどうにもならないし、どうにもできやしないだろうと思っているに違いない。
 このことは、暗黙の内にある集団が意図的に、行っているに違いないことだ。

 だからとても腹が立つ。

 こんな日本で、良いのだろうか。

 法律が、日本という国家を形成していたり律したりしているわけではなくて、国家を形成しているのは、一人ひとりの国民で、一人ひとりがそれぞれ善悪を律する基準や生き甲斐を感じる事柄に沿って、自立した精神力を持って生きていっていれば、私が腹の立つようなことが起きるはずはない。
 つまり一人ひとりが誇りを持って生きていれば、という意味だ。

 何でこんなことが、誰知るともなく平気でやられているのだろうか。

 省エネとかエコとかいっているけれども、嘘っぱちも良いとこだ。

 我々は何処かで、誰かを信じて生きている。それは日本という国家に対しても、喧嘩した相手にも、勿論好きな人には尚更である。

 人は困ったりすれば、困っていない状態の時より罪を犯しやすくなるし、精神が安定している時より不安定の時の方が、罪を犯しやすいものだ。しかしそんなことに関係なく、相手を見くびったり、どうせ法律的に罰を受けたりするようなことにはならないだろうと、確信して犯す罪は重いと言わざるを得ない。

 今日の日本に存在する行政府や官公庁や巨大企業などの大きな組織を形成する人達に、公と個との関係がアンバランスを来していて、公の利と倫理や個としての利と倫理が両立していなくて、公の倫理や利することの前に、個のそれらは胡散霧消してしまう。

 こんなことでは、人々が何かを信じてそれを頼りにして、自分を律して生きていくという社会が、完全に崩壊のベクトルで動き始めてしまう。この崩壊のベクトルで一旦動き出してしまうと、取り返しがつかないことになってしまい、滅亡しない限り止めることができなくなってしまうのである。

 自分に誇りを持って、先輩を敬い、地域に誇りを持って、結果として自分のアイデンティティを認識して、回り回って自分自身の誇りとして循環する。この自分の誇りを侵害するものは存在しないような、強固な自己を確立しなければならない。

 例えば、自分が所属する組織の利することが、個人の尊厳を侵害するものであれば、毅然として自分の誇りを優先して憚らない人として、自分の生き方を全うしたいものだ。
 我々の社会が、組織の利害に屈服しない自立した個人の誇りが優先して貫くのを是とする共通の価値観を育成しなくてはならない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード