FC2ブログ

Arena Condition

PM 10:30 June 15, '09 (Monday)

 先程9時頃から可成り強い雨が降りまして、日中少しだけ回復した馬場も水が浮いてしまいました。明日も似たようなお天気で、週後半まで回復はできないようです。


 「凡人のための哲学」

 人は物心がつくと、何かで満足感を実感したり得ようという欲求をしたりすることを認識する。
 その満足感についての自意識が出ることを、物心がつくというのだろう。

 そして満足感を、どんなことで自分がより強く感じるのか曖昧なまま、どんなもので感じるのかを探すようになる。つまりこのことが欲求というものだ。
 しかしどのようなものを得たときに、その満足感を得られるのかということについて、はっきりと認識を持つ人は少ない。

 何故なら何事かを達成したり獲得したりしたときに満足感を得ると、その殆どの人はその事象と満足感を直結して捉えてしまうことが多いからだ。
 つまり何かが達成したり獲得したりしたときに満足感を得たとすると、その何かを達成したり獲得したりすると自分は満足するものだと認識してしまうのだ。
 しかし、達成したり獲得したりするために計画をして、その計画通りになったということに満足感を得たり、結果が出たときに周りから賞賛を浴びて、その賞賛に対して満足感を得たり、また結果が出たことによって優越性を感じて満足したりしたのか、単に達成したり獲得をしたりしたとしても、このように幾つかの要因があって満足感を感じているもので、その何かについて探索しないで、ただ達成したり獲得したりしたから満足したと認識してしまっては、早計過ぎて自分を知るということとは程遠くなってしまうのだ。

 先ず自分がどんなことによって満足する人間なのかということを知ることが、何よりも優先して知る必要があって、このことが何を始めるにしても、出発点において認識できていることが大切なことなのである。

 次ぎに考えておかなくてはならないことは、目的についてである。

 目的は満足感を探し当てたとしても、そのこと自身が目的となることはない。満足感とは、目的を達成する過程におけるモチベーションの誘発剤といっても良いものだ。
 だからこそどんなことによって満足感を得るのかということを、我々は逐一知る必要があるのである。何故逐一かというと、それは変化する場合と変化しない場合があるから、満足を何をもって得るのかを、監視しておかないと変化したことを気付かずにいることになって、何かを結果として達成したとしても満足が得られずに、戸惑ってしまうことになるからだ。

 目的に向かってその過程で、どんなことに満足するのかを知っていれば、合理的にモチベーションを上げながら目的を達成することができるし、途中で目的を修正したり変化させたとしても、満足感を見失うことがないので、前進していくことに不安がないし、目的を修正したり変化をしたりできる勇気を持つことができるのである。

 目的そのものを得ることで満足を得るものだと思ってしまうと、目的そのものを客観的に観察することができなくなるばかりでなく、目的を論理的に分析したり幾つかの小さな目的に分解することができ難くなるのだ。

 誰でもが所有欲というものがある。しかし本当に只単に獲得することで満足をしているのだろうか。実際に獲得してしまうと、持っていること自体に満足がないということに気付くことがあるものだ。

 また、目的を達成するために必要なことや所属する社会の倫理を受け入れなくてはならないことがある。
 その目的達成のために、自分の欲求を抑えて、また我慢をして、それを受け入れようとしてしまうものだし、それが正義だと思うのだが、時間が経過したり目的が達成したりしてしまったとき、何故か満足しない自分がいたりするものだ。

 それは、目的のために欲望や自分の我を捨てるのが、当然だという社会的倫理観とやらで、処理してしまうとこんなことになる。
 つまりそれは、「欲しがりません。勝つまでは」という第二次世界大戦に突入していったときの、日本のファッショ的倫理観で今でも息づいていることだ。

 何処までも自分の満足を探し求めて徹底すれば、何が正しくて何が正義で、何が自分で何が自分のためなのかを見つけることができるのではないだろうか。

 この哲学の前に出てくる人間関係やハプニングや、誰かがやったことや自分がやったことや、面子やプライドや、人の援助や悪意や善意なんか安っぽいものなのである。

 自分の目的と満足を徹底して満たすために、何を優先するか、何を求めるか、何を獲得するか、何が必要でなのか、これらに対して真摯に向かい合うことが生きてくことにおける誠意なのである。生を受けたものとしての誠意なのである。

 自分の目的や満足を邪魔する面子やプライドに拘ってしまうことは、馬鹿以外の何物でもないのである。そしてそれは、何も得るものはないし、自分にとって何が大切であるかや、自分にとってより良き本当の友を見出すことはできない。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード