Arena Condition

PM9:00 May 31,'09 (Sunday)

 今日は日中晴れ間も差したのですが、時折強い雨も降り出したりして、不順な空模様でした。

 ある程度ロープに自信がついたところで、ローピングのヴィデオを見ようと思ったのです。丁度ダミーにかけているアメリカのワールドチャンピオンのヴィデオがあったので、それを見ることにしました。

 すると今まで考えてきた理論を正当化する映像があって、自分で考えてきたロープに対する考え方が正しいことを確認できました。
 ただこのヴィデオに刺激を受けたのは、ロープを扱っているこの人の手の軽やかさとか柔らかで、しかもゆっくりとしたスィングスピードにも関わらず、ロープの走りは素晴らしく速く、ホーンに巻き付くようなロープの軌跡を見せていたのです。

 そこで自分のヴィデオ撮影もすることにしたのです。
その映像は、満足する出来であったのですが、このアメリカのヴィデオと比べるとまだまだ技術の差を否定できませんでした。
 そしてもう一度ローピングの論理を考えたのです。

 エルボーアップについて考えました。

 エルボーアップとはなんぞや。
 スィング中に絶えずエルボーアップをしなければならないように思っていたのですが、敢えてスローイングの時の脇を締めるようにすると、身体とロープに一体感ができてロープコントロールがしやすく感じることは、エルボーアップに反することになりこれはどう考えればいいのだろうかという疑問に差しあたったのです。
 そこで得た答えは、ロープを引き上げるときにエルボーを下げて行うのではなくて、エルボーをアップしてロープを引き上げなければならないということだという結論を得ました。そしてスローイングの時は、エルボーを下げないが脇を締めるような筋肉の使い方をすることによって、身体の芯とロープが一体化することができる。

 更に、ティップダウンについてです。
これまではロープの先端をティップというと思っていて、スローイングのモーションの時にその先端を下げるようにすると勘違いしていたのです。しかしこれは間違いで、ロープを掴んだとき人差し指側をティップといい、小指側をボトムということだということを先ず理解する必要があって、このことにおけるティップをスローイングでアームをエクステンドして、ロープをターンオーバーするためにティップダウンをするという理解をすべきだと思ったのです。
 ただロープをスローイングしたときのフィニッシュのモーションを考える必要があって、アームが一番エクステンドしたときにティップダウンが完了し、レフトホーンの地点でこのフィニッシュモーションを作る。
 この時注意しなければならないことは、ロープをターンオーバーするためにチップダウンするのだが、2時のレフトホーンの地点でこれができることは必ず必要なのですが、アームを一番引き上げた地点から一番エクステンドした地点までの中間で、ティップダウンしてロープをターンオーバーしてはいけないということです。

 つまりライホーンにロープがかかるまでは、ロープがターンオーバーしてしまえばB面をホーンにかけてしまうことになったり、ライトホーンとレフトホーンの中間でロープがターンオーバーすれば、ライトホーンにだけかかりレフトホーンを外してしまったりしまうことになるのです。

 ロープのターンオーバーは、レフトホーンのかかった直後に起きなければならないことで、その前でも後でもいけないということです。

 これらの論理を考えたときに、ロープを推進するのはロープを握る小指側(ボトム)であり、人差し指側(ティップ)はロープをガイドするようにスィングすることが何よりも重要なことで、その為に小指の第二関節にロープの重みを感じるように、エルボーを下げることなく脇を締めるようにして身体の芯の回転エナジーを、ロープに遊びが出ないように一体的に伝えるようにスィングする。
 
 意識することは、脇を締めるようにボディターンの回転力を小指の第二関節でロープに伝えることと、その小指の狙う先がライトホーンの付け根に向かうこと、つまりアームが一番エクステンドする先がライトホーンの付け根に向かうこと、そしてここまではティップダウンすることをギリギリ待って、ライトホーンの付け根を僅かにパスしたところで切れ味良くティップダウンして、ロープのターンオーバーをするようにする。
 これらのことを意識して、ロープがホーンにかかるかどうかについては、身体に任せることにしてその成否について一喜一憂することがないように努める。

 こうしてロープを投げ続けるとやがてスローイングする右手の指先が、リーリースポイントが浅くなったり(フォロースルーが小さくなること)やスィングの時のアームの往復運動の振幅が小さくなったりすると、それを感じるようになって、修正するように感覚的に教わることができるようになるのです。
スポンサーサイト
プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード