FC2ブログ

Arena Condition

PM 9:00 April 28, '09 (Tuesday)

 今日からゴールデンウィークが始まったような感じの一日でした。

 馬場コンディションも申し分なく、明日からのお休みが楽しみです。


 「指導する」

 指導といいますと、駄目出しをするように叱って導くようなイメージがあります。

 指導する場合は、結果として指導を受ける人や動物が、そのことができるようになることが目的だ。

 できるようになるということは、どういうことだろう。

 日本の学校や社会人やプロのスポーツにおける指導風景を見ると、徹底的にフィジカルを虐めているのが目につく。

 本来出来るということは、単にフィジカル的訓練を施して、できるようになると言うことで良いのだろうか。

 実際にフィジカル的にできると同時に、メンタルに可成りの変化をもたらし、表現が適当かどうか解りませんが、フィジカル的にできると同時にメンタルも出来るようになるということではないだろうか。

 フィジカル的にできるようになったことで、メンタルに変化を来すこともあるし、メンタルにある変化が起きたことによって、フィジカル的にできるようになるという場合もあるでしょう。

 大抵の場合は、メンタルに変化が起きるのが最初で、後にフィジカル的にできるようになるのが順当だ。

 日本の体育会系といわれる精神主義の指導法は、徹底的のフィジカルの訓練に徹している。それもあまり科学的とは言い難く、ただ反復練習を繰り返すのみだ。そして先輩は神様だという文化があって、新入生に人格はぼろぼろにしてしまう。

 本来指導は、メンタルが納得して深くものを理解して、それをフィジカルに上手く伝えられるように、反射神経を意識下においたように反応させられるようになることで、メンタルの成長があって、その成長によってフィジカルの上達を達成するということだ。

 人格をぼろぼろにしてフィジカルの訓練をしても、フィジカルは上達できるかも知れないが、人格が破壊されてしまっては、意味がない。

 指導の対象が動物であっても同じことだ。

 人格や動物のパーソナリティを、大切に扱うことによってこそより良き指導ができるのである。

 指導は、対象である相手がどのような知的学習をして、意識や考え方や発想などが幅広くなったり高度になったりして、それがフィジカルの訓練に作用し、フィジカルが上達して、そこで得る感覚がまたメンタルに作用するというのを繰り返すのであるから、第一義的に意識しなければならないことは、メンタルに対してどのような影響を与えて、どのような意識を本人が能動的に持つようになるかによって、フィジカル的上達につなげることができるかを模索することだといえる。


スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード