FC2ブログ

Arena Condition

PM 6:00 April 25 ,'09 ( Saturday)

 今日は、夜中まで雨が続くようです。

 明日朝は、晴れ間が差すようです。

 「自分の目」

 ものは自分の目で見たり肌で感じたりしたものを、自分なりに解釈するということが基本だ。何故なら、その後の自分行動がそれで決まるし、その結果自分の人生そのものが決定づけられるからだ。
 良く人に騙されたとかいう話を聞くが、その原因を一概にいうことはできないかも知れないけれど、最終的には自分の決断で決めるということだから、自分自身の判断力意外に信じて良いものはない。

 人の評判は参考であって、自分の解釈は自分なりにするということを怠ってはならない。

 時代はブランド志向に代表されるように、第三者が自分に替わって何らかの解釈や評価をしてくれて、それを自分の解釈や評価だと勘違いしてしまう。しかし、ブランド志向は多くの人が使ってみて、大多数の人が評価した結果なのでまだましな方だ。

これに比べて問題は、テレビだ。

 最近のテレビは、盛んにこのブランド志向を利用としている姿が顕著に見られる。ニュース番組を始めとするワイドショー的番組では、盛んに有名人とか大学の教授や弁護士や医者などのインテリジェンスが高いと思われる肩書きを持っている人達を、コメンテーターとして起用している。

 これらの人達が、世の中に起きた些細なものから大きな事件までも必要以上に解釈を加える。そしてこれを日課のようにしてみている大衆は、いつの間にかマインドコントロールされてしまっている。
 
 加害者であるテレビ側に罪の意識はまるでない。ただ視聴率が良ければそれで良いのだ。大衆が喜べばそれ良い。大衆迎合そのものだ。
 実態は、大衆に迎合していると見せて、大衆のマインドをコントロールしている。

 一時代前は、NHKのニュース番組で伝えるぐらいで、夜遅くよく知らない偉そうな人がニュース解説をしていた。しかしこれらの解説は、ニュースの背景や影響を与えたとされる事柄を伝えるということが主で、解説者の論評を印象づけるようにするということはなかった。

 しかし今は、取るに足らない事件までを大げさに取り上げて、有名人というブランドが論評する。時には正義感を振り回して弾劾するのである。

 馬鹿な大衆は、この有名人の論評にもろに影響されて、自分を棚に上げてその罪を責める。そうした大衆の流行に副作用として、逆に大衆によってテレビは益々拘束されるのだ。

 それにこのような拘束力ががんじがらめになって、結果的に社会を益々不自由な物にしてしまう。

 どのような拘束力かといえば、テレビに出る人やその人が言うことは完璧でなければならないという神話だ。

 例えば、倖田來未事件だ。
 歌手として有能だとしても、この人が有能で見識のある人であるかどうかは、何ら関係ない。しかし一旦言ってしまうと、テレビは黙って許しておく訳にはいかない。誰も被害者はいないのに、不妊治療している人に対して失礼だとか侮辱しているとか言って、倖田來未を弾劾するのである。彼女は会見で泣いて見せていい人のふりをして見せて、大衆はそれを見て安心する。

 元々大衆がこの歌手に対して、良識ある人としての行いを求めること自体が幻惑の極みだと言うことを知らなければならない。そうでなければ、これから社会からはみ出しているかも知れないがとてつもなく優秀な歌手を、我々の社会に排出することができなくなってしまうかも知れないのだ。

 政治家もそうだ。会計上のミスがちょっとでもあればテレビは糾弾する。有能な政治手腕を持っているのかどうかを問うのがマスコミの役割なのに、ミスばかり暴き立てるのが仕事のように錯覚している。

 鳩山総務大臣がこのほど色々なデモンストレーションを行って、世間を騒がしている。しかしこれを正面から糾弾するマスコミはいない。
 この人の言うことを正しいとする人がいてもいいし、危険だという論評する人もいてもいいのだが、権力の座にいる人だからか糾弾するマスコミの存在が現れない。

 我々は、テレビに出ていたり有名人だったりとしても、決して盲信してはならないし完璧な偶像を求めるということはとても危険なことなのです。
 大衆心理の中に、そのような無い物ねだりのようなことを求める思想が蔓延れば、一つの才能を発揮して世に出るチャンスを、我々の社会から取っ払ってしまうことになってしまうのです。
 テレビに出て活躍しているからといって、酒飲んで羽目を外すようなことをしないと大衆が信じているわけないのに、自粛という名の下に一時的に社会から糾弾されてしまう。
 別にそんな偶像なんて、テレビタレントに求めていないという大衆の方が健全なのだ。

 広告のイメージキャラクターやCMの契約を解除しなくても、どんな問題があるというのだろうか。
 もしこんなことで全ての契約を解除されるとしたら、これからイメージキャラクターとして起用するのに、身辺調査をしてからでないとできないし、大変な拘束がされるようになって、息苦しくて堪らない社会が出来上がってしまう。

 適当でいい。テレビに出ていようが有名だろうがそんなものに、振り回されない自分の目を持っている大衆であることが健全なのだ。

 そうか、地デジのキャラクターになっていた奴が、「酔っぱらって裸になったか」ってな調子で良いんじゃないの。
 そのままテレビに出ていようがCMに出ていようが、「そんなの関係ねぇ」

 自分の目でものを見ることが大切だ。自分のことも。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード