FC2ブログ

Arena Condition

PM 10:30 April 6 , '09 ( Monday)

 今日は、昼頃少し風が吹きましたが、概ね良いお天気でした。

 明日も良いお天気がつづくそうです。
 馬場は、ベスト状態です。


 つづく5 より

31.手がかりから推察することができない人    1/2/3/4/5

 天才は、何の手がかりもなく閃いたり思いついたりできるのかも知れないが、凡人はそれができない。しかし、我々も天才のように新しいことを思いついたりできるようになりたいものだ。

 それには先ず、自分がどのようなフィルターをかけて、世の中を見ているのかを知る必要がある。または、どのような窓から景色を見ているのかを知ることもまた必要なのです。

 フィルターや窓枠とは、自分の価値観や好き嫌いを知るということです。

 誰かの顔を見て、好きになったり嫌いになったりするが、それは自分が持っている価値観や好き嫌いが基準になって、感じている感覚なのです。

 一見見た人の顔のせいだと思ってしまうけれど、決してそうではなくて、元々自分が持っていた好みが基準になっているのです。

 そして自分の特徴を意識してものを考えたり、ものを理解しようとする時、一つの考えや解釈ができたとしてもそれだけではなく、自分の価値観や好みとは対極的なものを基準に、考えたり解釈したりするとどうなるかということも同時に、思い起こすようにすることが、自分を手がかりにして、別の発想をするということなのです。

 発想の転換なんて良く世間にいわれますが、自分の発想の大元である価値観や好みを意識さえすれば、それとは違う価値観や好みでものを発想した場合、どのようになるかを考えれば、同時に2つのアイディアを生み出せるのです。

 つまり何かを手がかりに思考するということは、発想の大元になった価値観や好みを暴き出すことによって、その大元を転化することによって、簡単に違った発想をすることができるのです。

32.キーポイントとどうでも良いことの見分けがつかない人1/2/3/4/5

 大切なこととそうでないことの見分けは、難しいことではない。

 何故難しいことではないのかといいますと、物事を成し遂げようとした時に、達成するために戦略的思考をしていることによって、キーポイントなのかどうでも良いことなのかが簡単に判別できるのです。

 それは、戦略的思考の組み立てがあるということは、成さなければならない要素を優先順位で序列化しているということなので、単なる重要性で並んでないので、何時の時点で何が整っていることが優先されているのかを把握していれば、重要課題であっても今はさほど重要でないなどの判断ができるので、リアルタイムに優先する課題が頭にあるので、大事でないことを一瞬で見抜くことができるのです。

33.モチベーションを維持できない人       1/2/3/4/5

 モチベーションを維持できない人は、自分で頑張らなければとかという義務感や使命感で、モチベーションを意図的に作り出してしまう。
 本来モチベーションは、意図的に作り出すものではないのです。

 必然的にモチベーションが生まれてくるようなシチュエーションが、大事なのです。

 自分自身の企画による小さい成功体験が、更なる成功を画策できる企画を発想でき、成功の可能性を予想できる企画が必然的にモチベーションを生み、そしてそれが更なる成功を画策して、モチベーションを生むという循環が起きれば、極めて自然発生的にモチベーションが生まれるのです。

 また、企画の結果が失敗に終わったとしても、その企画をもう一度分析したり実行した手順や内容を論理的に解析して、その中で成功の可能性を予感できる企画が立てられれば、モチベーションが再度自然に生まれてくるということになります。

 しかし、結果が思わしくないとき、企画や手法の手順などの分析をせずに、只努力が足りないとかいって、意図的に自分を鼓舞してモチベーションを上げようとしてしまうと、精神的疲労感を生み、モチベーションが減退してしまうことになってしまうのです。


34.コンセントレーションを維持できない人   1/2/3/4/5

 集中力の弱い人は、集中が直ぐに途切れてしまうという評価が一般的です。

 しかし一方で、仕事やスポーツですごく集中を求められる人は、頭を休めるために、何もしないというのではなくて、今まで集中していた頭を他のことへ集中して、結果的に頭を休めるそうだ。

 例えば、棋士達は、将棋の名人戦の対局中の休憩時間に、碁を打つのだそうです。

 つまり、集中力の維持ができない人は、集中心が途切れるのではなくて、他のことへと集中心が向いてしまうのです。一見散漫だと思われている人は、色々なものへ感心があって、ついつい心が転々と動いてしまうのです。

 そこで、注意力が散漫だったり収集力が一つに絞れなかったりする人は、注意力や集中力を持続できないのではなくて、その対象物が転々と移動してしまうわけですから、集中すべき対象物の中に、いくつもの構成要因があることを知れば、そのいくつもの構成要因の一つ一つにそれぞれ集中するようにすれば、大局的には一つに集中していることになり、その人にとっては、いくつものことに対して集中心を転々と移動していることになるのです。

 何かに対して集中しなければならないと考えるのではなくて、集中は課程において自然に起きる精神作用ですから、何をするのか、何のためにしようとするのか、どんな結果を求めているのかを意識して、それらの構成要因を一つ一つ洗い出して、それぞれの構成要因を念頭におきながら、行動すればそれで済むし、もしそれでも集中心が転移しようとしたら、無理して転移することを阻もうとしないで、何をするのか、何のためにするのか、どんな結果を求めているのかを思い出すようにすることです。
 つづく6
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード