FC2ブログ

Arena Condition

PM 8:30 April 1, '09 (Wednesday)

 今日は予報通り、日中は曇ってましたが雨は降りませんでした。しかし午後3時頃から霧雨が降り出して、暗くなった頃に可成り降りまして、馬場がぬかるんでしまいました。

 今は、雨は降っていませんが、夜半にかけてもう一度降るらしいです。

 馬場は、明日晴れても回復するには一日かかるでしょう。


  「自然な考え」解説

1.地味なことより派手なことが好きな人   

 地味なことと派手なこととは、相対的なことで、基本的には同一線上に位置しいるものなのです。そしてまた、その人間がどう解釈するかということであり、自分の行動を他人や社会がどうのように解釈するかという問題ではなくて、本人次第なのです。

 地味なことの中に非常に画期的なことを見出したり、煌びやかさを感じたりすることができるのは、本人の技量の深さによるものなのです。

 従って、派手なことについても同様に解釈できるのです。

 堅実性とか着実性というベクトルと地味と派手のベクトルとは、相反する関係ではなくて、全く別で、地味とか派手という観念は、一見不必要だと思われるかも知れませんが、人間のモチベーションと深く関わりのあるものなので、地味なことのように思えるものでも、自分自身の技量や思考力の高まりによって、その中に画期的なものとか煌びやかさと質感を感じ取って、自分のモチベーションとつなげていくことが大切なことなのです。

2.  基本より応用の好きな人         1/2/3/4/5

 基本と応用との関係は、密接なもので、互いに補完する関係でもあります。

 地下の根の部分と地上の枝の部分という関係に例えることができます。

 只、何を基本や応用と捉えるかは、その人が症状を見て、その原因に対して思いを馳せようという意識が生まれるのか、そうでないのかにかかっています。

 症状を見て原因に思考を巡らせるという精神作用が働かない人は、症状に対して直接的に、解決策を講じることに専念してしまう。そういう人にとっては、元々基本と応用を区別して解釈する概念がありません。強いていえば、症状に直接講じる対策を基本と考えている節があります。

 問題や課題が生じた時、その基本的素因に対して掘り下げることから思考が始まることによって、最短距離で適確な対処方法を検索できるし、応用のカードを沢山自分にメモリーしておく必要が無くなり、コアとなる基本と応用との関係を放射線状に連結して、一つの基本に対して、幾つかの応用が連結するような構造を形成する。
 

3.  考えるより行動することが好きな人    1/2/3/4/5

 行動が先か思考が先かというと、行動が先でなくてはなりません。現代人は、行動よりも前に思考することをもって好しするところがありますが、


 しかし、必ず行動に対して思考をするという習慣を作ることが大切で、思考が先になると、先入観を実際に体験する前に抱いてしまって、自分自身のセンサー、つまり感性が機能しないうちに、行動が始まってしまいとても危険なことになってしまうのです。

 どういう風に見えたのか、どのように感じたのか、自分ならではの感性に基づいて思考が始まらなければ、前もって誰かが考察しことに基づいて、行動を起こすのでは、どこに自分という存在があるのか、それによって結果を積み上げても、自分にとって自信に繋がるようなことにはならないし、自分を高めていくようなことにはならないのです。

4.  見えないことより見えることに気が囚われる人 1/2/3/4/5

 誰でもが、目に見えることでしかはっきりと物事を特定することはできない。しかしながら、見えないものの影響とか、働きというものを想像するということがなければ、物事の本質を永久に見ることはできない。

 目に見えるものや地上に現れるものをしっかりと観察することは、とても重要であることはいうまでもないことですが、しかしそこかから見えないものに向かって、思考が及ばなければ、物事の本質を知ることはできない。

5.  他人の見る目が気になる人          1/2/3/4/5

 昔の歌で、「お洒落する間に、腕(かいな)を磨け。お洒落するのも楽じゃない。」という歌詞がある。

 人の目が気になることは、誰にでもある神経で、決して恥じることではない。しかし、自分の目的を見失ってしまう危険性を孕んでいるのが、この他人の目を気にするという神経なのです。


 そこで徹底して、他人の目を気にして腕を磨けば、紛れもなく本物の技術を会得できるのですから、中途半端に自制して、他人の目を気にしないように意識することより、徹底してどこまでも貫いた方が、真実味が出てくるのであり、それを恥じて意識的に抑制しようとすれば、精神的なフラストレーションを引き起こし、時々他人の目を気にしてしまう自分が出たり引っ込んだりして害をなすのです。

6.  他人の欠点が気になる人           1/2/3/4/5

 他人の欠点と自分の優位性とは全く関係性がない。他人の欠点が気になるということは、そういう目で自分を見ることができれば、自分を客観的に見ることができて、自分の欠点に気付くことができるわけで、ある種優れた能力と考えることができる。

 しかし、その反面他人の欠点が気になる人が、自分を棚に上げて、他人の欠点を上げることによって、自分の優位性を示そうというような行動に繋がることになれば、決して社会から尊敬されたり、その優位性を認められたりすることがないのです。

 他人にも自分にも同じように、客観的な観察眼を持つことに、この他人の欠点が気になるという特徴を活用するようにできれば、むしろ優れた点として、自分自身を向上せしめることができるのはないだろうか。

 つづく。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード