FC2ブログ

Arena Condition

PM 9:00 March 30, '09 ( Monday)

 明日も良い天気のようです。

 馬場は、毎日空気が乾燥しているようで、少し白いところが見られるような乾き具合です。

  「教えてもらって、良いことと悪いこと」

 私は、人に教えてもらって良いことと悪いことがあると思っています。

 方法や方法論を人に聞くことは、進んですべきことだと思うのです。しかしその方法のどれをチョイスするかとか、その方法を今駆使するのかしないのかを決断するかどうかは、人に聞いてはいけないことだと思うのです。

 よく見かける光景として、自分が決断すべきかどうかを聞いている姿で、その反面方法や方法論については、あまり人に聞かないという真逆な姿です。

 
 方法を実際に試すということは、必ずリスクが付きまといます。

 決断とリスクは表裏一体的なもので、この決断と結果との関係を自分自身の精神力によって、勇気をもってリスクを犯してまでも決断し、良い結果へと繋がった時、初めて自信に繋がるのに、その決断を他人に委ねてしまっては、折角成功という結果を生み出したとしても、自信へとは繋がらないのです。

 リスクは、どんなに分析しても対策を講じても、なくなるということはありません。

 リスクコントロールとかリスクマネージメントとかいう言葉があります。

 これは、リスクに対してどのような対策を講ずるかというレベルの言葉で、リスクを無くすということとは違います。

 只、リスクを正面から見ると、その大きさによって、どうしてもネガティブな気持ちに陥りやすいので、リスクの正体を見ようとしない傾向にありがちです。

 そして、リスクの正体から1回目を反らしてしまうと、心の中では、益々リスクが大きなものとして映ってしまうのです。

 ですから、リスクの正体を正確に見る必要があるのです。

 その正体をはっきりと確認できれば、むしろ意外にリスクの大きくないことに気付いたり、そのリスクの克服の方法が見つかったりして、モチベーションが湧いてくるものなのです。

 そして決断は、自分自身がそれをしたいのかどうかで決めるもので、リスクを考えてするべきものではないと思うのです。一見頭の良さそうな人の講釈を聞くと、もったい付けてリスクをあれこれと考えて、すべきではないとか、失敗する可能性が大きいから止めるのが賢明だということが多い。

 何事も実行する前に、その成功の可能性を分析すれば、必ずノーという答えになるに決まっているのです。何故なら未だそれを成したことがないからです。

 勿論、誰かが既にやってしまっていることであったとしても、自分にとっては初めてのことで、自分の世界では、あくまでも初めてのことであることには、何も違いがあるわけではないので、試す事前において考えれば、必ず成功の可能性は低いという答えが出るに決まっているのです。

 決断は、あくまでも自分自身の考える必要性とか望みですべきことなのです。そして、決断したら、如何に、成功へと向かうための合理的方法を探求すると同時に、これに伴うリスクを分析して、方法と手順を予め想定して、実行することが大切なのです。

 自分以外の人力を利用することと依存することの違いは、方法や方法論にいて教えを乞うということは、人の力を利用することであり、その方法を駆使するかどうかの決断を人に聞くということは、人に依存してしまうということなのです。

 依存することは、百害あって一利無いことです。

 私は、人に質問する時に、一番興味を持つことを聞くようにしています。

 一番興味を感じることは、もしその人が素晴らしい方法を知っているとした場合、その方法を思いついたきっかけとかその方法の論理的根拠です。

 そしてまた、自分自身が良い方法を見つけた時も、何がきっかけでその方法を見つけたのかとか、普段の意識とその方法がどのようにして、結びついたのかを分析します。更に、その方法の論理的根拠を分析します。

 只、殆どの場合は、事前に論理的根拠は充分すぎるほど考えているので、事後において、もう一度論理分析するのは失敗した時が多いです。でも成功した時こそもう一度論理分析しておくことが大事で、そうすれば、必ず成功を導き出すという正確さが生まれるのです。

 そして、方法について人の教えを聞いた時に、その方法を着想したきっかけとか論理的根拠に対する答えで、その人の人物評価も同時にしてしまいます。

 只それは、単純なものではなくて、その人のいうことが論理的根拠に矛盾があったり、表現力が乏しかったりした場合でも、方法が素晴らしいと思えたり、確信を捉えていたりすれば、私は、躊躇無くその人を評価します。

 しかしそれとは逆に、表現力が素晴らしかったり、論理的根拠が整然としたりしていても、実効性が乏しかったり、その人自身の技術力に未熟さが伺えたりすれば、私は、その人を評価しません。

 つまり人に、聞いて良いことと悪いこととは、方法やその方法に対する論的根拠は良いが、それを自分が試すべきどうかという決断を聞くのは悪いことで、しかも方法や方法論を聞いたとしても、それを採用するのかどうかを、教えてくれた人のブランドで盲信することなく、自分自身で客観的考察を加えた上で、決断しなくては成らないということなのです。

 「求めよ、さらば与えられん」とは、この言下に何時も、自分自身の意志が働いているということを意識しなければならないのです。

 全ては、人に教えを乞うのもそれを採用するのも、自分の意志によって行い、そのことによって成功も失敗もリスクも、自分自身の意志の成せる技だという意識で、ことに望まなくてはならないのです。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード