FC2ブログ

Arena Condition

PM 10:00 March 13 , '09 (Friday)

 今日は、結局雨が降ったというほどではありませんでした。風も多少はありましたが、大変なという程でもありませんでした。

 明日は午前中一杯は、雨らしいです。でも午後からは晴れるようです。


 日本人は、会社組織や役所や出身大学や出身地や地域社会などのグループに属して、そのグループのアイディンティティとして、自分の存在を確認して生きています。

 社会人の慣例として、初めて会う人に対して、名刺の交換をするというのがあります。そして、丸々株式会社の田中ですとかといって自己紹介をします。
 自己紹介するのに、自分が属する組織の名前が先にきます。

 (厳密に言いますと、自分の名前は、名字ではなくて、名の方なのです。結局、自己紹介を日本人は、していないのです。)

 これらの現象を見ても、日本社会は、先ず公ありきで、次ぎに個が順序として並ぶような社会なのです。

 長年の歴史ですから、どうしようもないのですが、外国から見たら奇異に感じるかも知れません。
 感じられても別にどうでも良いのですが、昨日いいましたように、極めて普通の人が犯罪をする原因がここにあるのです。

 普段はあまり意識しないことですが、その時になると、属している組織の不利益になることを自分が犯すとなると、例えそのことが明らかに正しいことであっても、大変なプレッシャーを感じる国民になってしまうのです。
 また、その組織の利益や発展に繋がるとなると、それが大義名分となって、自己犠牲を美学としたり、勇気を奮って犯罪と分かっていても、大儀のためと思って厭わないです。

 しかし、小人といいますか普通の人が、組織のためと思い込んで、罪を犯した後に、我に返って大それたことをしたと後悔する。
 世の中が騒然としたりすると、そのプレッシャーに耐えられずに、自殺したりしてしまう。

 政治家の秘書が、代議士に代わって罪を被り、自殺したという話は、枚挙に暇がないほどである。

 日本人がアメリカンナイズして、個人主義になってしまうと、これはこれで問題です。

 自己主張をはき違えてしまって、モンスターペアレントとか、最近の救急車の依頼の理由たるや、常識の範囲を遙に超えたものが増えているらしいです。

 公と個の関係をもう少しわきまえた社会を作らなければならないのではないでしょうか。

 ペットを飼っている人の姿を見ると、その国の大人度が分かります。

 犬を散歩している人を見ると、犬を散歩しているのか、犬に散歩させられているのか分からない人が沢山というよりも、犬を散歩している人を見つける方が大変なくらいです。

 自分を大切にするということは、他人にも自分があって、その人にとっても自分が大切だということを理解するということだし、自分の子供がどんなに可愛いと思っても、他人にとってはどうでも良いことだということを理解しなければなりません。

 組織の利益は、個人の利益を優先する根拠は、どこにもないのです。

 組織のためといって、罪を犯しても、誰も理解してくれないし、むしろその罪が明るみに出た後は、家族までもが犯罪人の家族だとって、後ろ指を指されるのが関の山なのです。

 個と公との比重をどのように持つかと考えるのではなくて、人は嫌が応に、自分の利とすることを意識しない人はいないのです。狂っていなければの話ですが、その自分の利とするところを意識して、その延長線上に、公の利するところと矛盾のないようなものとして構築するとか、他人の利することと協調することによって、自分の利を獲得すると考えるような人の社会になれば、日本は、世界から尊敬される国になるのではないだろうか。


 







スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード