FC2ブログ

Arena Condition

PM 8:00 March 6 , '09 (Friday)

 今日は、しっかりと雨が降りました。
 明日は、晴れるようです。夕方は曇るようですが、お日様を拝めるようです。


 皆さんは、「奇跡のリンゴ」をご存じでしょうか。
 多分多くの人が知っていて、本当は私が知らなかっただけかも知れません。

 「奇跡のリンゴ」という本をご存じですかと書かなかったのには、「奇跡のリンゴ」を知っているかと、その本を知っているかということは異なるし、只このことに関しては、単なる本を知っていいますかと書いては失礼かなと思ったものですから、「奇跡のリンゴ」を知っていますかと書きました。

 私は、このことを日本テレビの深夜番組の「宇宙で一番会いたい人」で、出版社の冬幻社の社長が、宇宙で一番会いたい人に指名したのが、この「奇跡のリンゴ」と作った木村秋則さんだったのです。
 この人が無農薬栽培でリンゴの生産に成功した人なのですが、成功するまでの艱難辛苦を書いた本が「奇跡のリンゴ」なのです。
 

 木村さんが最初に取り上げられたのは、NHKのプロフェッショナルという番組で、それがきっかけで本が出版されたのだそうです。

 私は、NHKの番組は見てないのですが、日テレの番組を見て、単純にそのリンゴを食べてみたいと思うと同時に、その画面に出てきた木村さんの気負いのない表情を見た時に、これまで私が出会ってきた、ひたすら自分の進むべき道を色々な脇道に逸れることなく、黙々と貫いた人ののみが持つことができる共通する顔がありまして、その顔を見たような気がして感動したのです。
 だからこの番組で、木村さんが話した内容を全然覚えていないのです。

 そして数日前に見るともなく本屋さんによった時に、この本が目にとまって読んでみたのです。

 是非皆さんに、この本をお薦めしたいと思いました。

 昔ある人に言った言葉を思い出しました、「人がやったことがないことを成し遂げるには、馬鹿にならなければできない。馬鹿の上の狂の字が付くぐらいでなければできない」と、並大抵なことでは、成功までを貫くことはできない。それがこの本の中にあって、感動したのです。

 この本で思うことは、「奇跡」を作ることは、奇跡的なことをするのではなくて、当たり前のことを、周りの人の見る目や評価に惑わされることなく、やり抜くことだということです。
 
 天才や秀才にしか奇跡を起こすことができないのではなくて、誰にでもそのチャンスがあって、やることも特別なことではないということをこの本は実証して見せてくれています。

 私は、この本で木村さんが婿養子だということを知り、義理の両親の言葉は、ほんの少しだけしか出てこないのですが、艱難辛苦の間木村さんと一緒になって、堪え忍んで一緒に働いていたということに、とてつもなく深いものを感じました。

 何か人が行動する時、見方になってくれる人と敵になる人がいます。
 
 敵は自分を裏切ることが絶対にない。最初から敵ですから、敵の言葉に惑わされることはない。しかし、敵の存在や言葉は、自分自身を客観的に見せてくれるし、自分がどのように見えているのか、飾りや遠慮などなく厳しく教えてくれる。敵の言動に耳を傾けることが、我が道のあるべき姿を見せてくれる。
 それに比べ、見方は、裏切られこともあるし、好意や親切で助言や援助をしてくれることで、失敗や無駄に気付くことを長引かせてしまう。

 私は、これを書きながら久々に学校で感想文の宿題をやっているような思いがしました。でもあまり私がどのように感じたかは、これからこの本を、読む人には迷惑ではないかと心配もしています。

 ですから、これ以上は本に関する感想は止めておくことにします。

 この本を読んで、これからの木村さんの人生で、どんなことを語るのかやどんな物を作っていくのかを見てみたいと、興味津々です。

 「奇跡のリンゴ」を知って、静かな感動をひたひたと楽しんでいます。

いつか映画化して、頂きたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード