FC2ブログ

Arena Contion

AM 10:00 February 3 , '09( Tuseday)

 快晴です。午後は曇りがちになるそうです。
 馬場は、やや重状態で、今日一日で可成り良い状態になるでしょう。

 私は、30代中頃までサラリーマンをやっていて会社勤めをしていました。
 若い頃良く思っていました。「今やっている仕事が、生活するためでなかったらどんなに楽しいだろうか。」なんて、豊かになりたいと思っていましたが、何で豊かになりたいかというと、生活に追われることなく今の仕事に集中したらどんなに楽しいだろうと思っていたからです。

 日本は、私の子供の頃から比べたら確実に豊かになりました。子供が仕事にこき使われるということが無くなって、その仕事の合間に、学校に行っていた時代があったことさえ、つい昨日のことだけど忘れてしまっています。

 日本人にとっては、今始めて豊かになったのかも知れません。
 最も豊かになるということがどういうことで、豊かになったら何をしたいのかということを、日本人はじっくりと考えたことがなかったのではないだろうか。

 私は、建設会社に勤めていて、豊かさを実感したことを思い出すと、大きなプロジェクトの現場をみたときでした。
 その現場では、仮設機材に、オリジナルのロゴやデザインをペイントしたり、現場の作業服もオリジナルな物を特別に作ったりしていました。

 普通の現場では、地味な作業服で、仮設機材は使い回しをするので、なるべく汚したり傷が付かないよう大切に扱うようにするのが当たり前なのに、どうして大きな現場は、無駄遣いをするのだろうとも思ったりして、眺めていました。

 今色々振り返ってみると、日本人には豊かになっても、豊かさが目的であって、豊かになりたいのは、こんなことをしたり、こんな目的を達成したいからという、明確な設計がなかったのではないだろうか。とそんな気がして仕方ありません。

 だけど豊かになってしまったのです。明確な設計がなくてもなってしまった今、目標を見失ってしまったということではないでしょうか。

 子供が、学力が低下してしまったり、子供達が生き生きして何かに夢中になっていたりすることがなくなったり、フリーターが増えたり、ニートなんて訳の分からない輩が出現したり、でもこの人達はみんな食うのに困ってはいない。
 

 それらの兆候は、今までに沢山あったのでないかと思う。

 私の子供の頃は、生活に余裕のある人はいなかった。
 みんな食うのに精一杯でした。
 そしてサラリーマンなんて、見回しても警察官や裁判所や役場に勤める人や学校の先生ぐらいでした。

 皆がサラリーマンではなかった時代と一億総サラリーマンの時代との違いは、生活するために食料品を作ったり捕ったりすることも稼ぐことも境界なくやらなければならないか、それとも生活のためと稼ぐためとが完全にとまでは言いませんが、可成り明確にセパレートされているかどうかではないでしょうか。

 そして一億総サラリーマン化した日本になりました。

 サラリーマン生活は、生活はお金で買って、稼ぐために身体や頭脳を使う生活形態だから、何となくではあるが徐々に生きている実感が無くなったしまった感じがしてしまう。

 それでアウトドアスポーツが流行ったり、田舎暮らしを体験的にしたり、こんな兆候は、全て生活の実感が無くなったための、バランス調整機能が働いた現象ではなかったのかと思います。


 人間は、生活のためというか食うために働く、特に肉体労働することによって、どれだけのことを人間に与えてくれているか計り知れないものがあるに違いない。
 
 特に頭脳とフィジカルを一体的に使うために、脳の果たすべき役割をトレーニングしているに違いない。そしてその瞬間瞬間において、同時に起わき上がる自分の感情をどのようにコントロールするかとこともまた学習する。

 つまり我々人間には、どのように社会が変化しても、「フィジカルを如何に意識的に、目的に向かって合理的に駆使する方法を頭脳を使って考え出して、実行する。」ということが絶対的に必要で、それが生活のために、必要性が少なくなることが豊かになるということで、必要性が無くなったとしても、それを余暇の中ででもバランスを取るように、取り入れることをしなければならないということなのです。 

 ヨーロッパの貴族社会は、長い年月その豊かさを享受して生きてきた人たちです。この人たちは、馬に乗ってハンティングをしたり、ダンスをしたり、社交界を構成したり、ボランティァをしたりとあらゆることをやっている。
 その中で、人間は、直接生活のためにではないが、何を学ばなければならないかとか、どのような振る舞いが美しいのか、どのような大人が理想なのか、どのような社会であるべきなのか、そして自分の感情をどのようにコンとローしなければならないかなど、あらゆる価値観を身につけながら育っていくのです。


 我々日本は、豊かになった社会において、健全に人間が学び育って行くには、どんな必然性のある生活環境が必要なのかを考え出さなくてはならないのです。

 大人達にとっても、団塊の世代がリタイヤするからということではなくて、本当に人間の尊厳を尊び、健全な社会を構成するために、誰もがフィジカルを意識的にコントロールできるように、頭脳の思考力をトレーニングすることの重大性に気付かなくてはなりません。

 世の中が豊かになると共に便利になっているために、スイッチを入れると機械が何でもやってくれるために、その仕組みに付いて思案することが少なくなってしまっていることも、思考力の低下に拍車をかけています。しかも学校教育は、知識を埋めることばかりが教育だと思っているので、思考力は益々低下する。知識は思考力の低下につながるということを我々は知らなければなりません。

 知識がないと思考できないということを常識のように考えている。思考力は知識がない方が高めることが出来るのです。そして思考することによって、必要だと思う知識を得るという順序がとても重要なことなのです。

 



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード