FC2ブログ

Arena Condition

AM 9:00  Temperature 7℃  Humidity 56% 曇り  January 27,'20(Monday)


 今朝は、気温より体感としてとても寒いです。夕方から雪の予報が出ていて、明日は雨と雪で一日中愚図つくようです。


 婆は、VW状態で、天気が優れないので、良い状態になかなかなりません。


 リリースの問題を触れてきましたが、リリースの問題に気を付けると、ターゲットを絞ることを忘れてしまうのです。ターゲットを絞ることに気を取られると、リリースを忘れてしまう。


 同時に二つのことを、念頭において作業を進めることができないのかも知れません。


 同時に二つのことを念頭におく場合、手足が直接にやることは、呼吸するように考え、マクロとして念頭におかなければならないことは、極力意識するようにするようにすれば、同時に二つを念頭におくことができます。


 例えば、リリースに関しては、馬の抵抗を越えてリリースすることを当たり前のようにして行い、そのとき馬のパーツの一つにターゲットとして絞ることは、マクロとして念頭におくようにするということです。

 マクロのことは、そのことを始める前に頭の中で唱えるようにして、直接やることは、一々やる度にこれで良いのかと疑問視するようにするべきなのです。


 何れにして、行動するとき、最低同時に二つのことを念頭におかなければならないのです。







スポンサーサイト



Arena Condition

AM 9:00  Temperature 7℃  Humidity 61% 雨  January 26,'20(Sunday)


 今朝は、予報と違って小雨が降っています。予報では、昼頃で止むようです。


 馬場は、昨日と同様でVW状態です。


 昨日、リリースが中と反馬になってしまうのは、リリースが問題なのだと書きました。リリースが問題だという言い方は、リリースしないのが問題だと言うことではなく、馬の抵抗を越えてからリリースしなければならないのに、その手前でリリースしてしまっているので、ライダーの潜在的防衛本能が、リリースを中途半端なものにしてしまっている要因なのですという意味です。


 リリースが果たして正しいのかどうか分からない人は、これで良いのだろうかと疑問を持ちながら、リリースしなければならないのです。そして抵抗や反抗が小さくならないのであれば、リリースが良くないと判断して、もっと抵抗を越えたところを探さなければならないのです。



Arena Condition

AM 9:10  Temperature 8℃  Humidity 46%  晴れ  Junuary 25,'20(Saturday)


 昨日は、どんより曇ったままでしたが、今日は朝から晴れました。

 今日明日の天気は、雨がないようです。


 馬場は、VW状態です。


 新しく乗馬を始めた人が、上達していく過程において、環境が大切であることを痛切に感じる。何故、環境が大切であることが痛切という表現に繋がるのかといいますと、初心者であるとき、色々なことを指導されますが、その指導を受けたことより、身を置いた環境が影響して、何時の間にか知らず知らずに身についていることが大きいということで、本人の意識に関係なく身に浸透してしまうことは、良いことであれ悪いことであれ恐ろしいことだと思うのです。

 本人の意識に関係ないところが問題で、指導を受けたことは、意識が当然関わりを持つので、受け入れるかどうかを自ら取捨選択をしているので、もしその指導されたことが間違いだったなら、気づいたときに修正することができますが、無意識に身についてしまったことは、修正に機会が乏しいのです。


Arena Condition

AM 9:05  Temperature 10℃  Humidity 63% 曇り  January 24,'20(Friday)


 昨日は、結局粗一日中雨でした。今朝は、曇っていて、空の一部晴れ間が指しています。


 馬場は、VW状態です。


 体の末端で感じていることと視覚で感じていることの堺がなくなっていると、多くの人は視覚として捉えているものを体の末端で感じていると思い込んでしまっているのです。

 体の末端で感じているとは、多くの場合、触覚です。


 つまり、触覚と視覚が混同しているということです。混同しているときは、混同しているという自覚はなくて、触覚だと認識してしまうので問題が生じるのです。

 視覚で捉えているのに、触覚として捉えていると思い込むか、または視覚と触覚の情報が一緒だと思い込んでしまうのです。

 視覚情報と触覚情報が一致するには、訓練が必要で、触覚を認識する訓練が必要なのです。


 問題は、視覚で捉えている情報を、触覚で捉えていると思い込むことなのです。


 大人になってから訓練する場合は、視覚情報を触覚情報だと思い込みがちなので、一々確認するようにすることです。ほぼ一ヶ月ぐらい訓練すれば、粗全員が触覚情報と視覚情報を区別して捉えられるようになります。




Arena Condition

AM 9:10  Temperature 8℃  Humidity 62% 雨  January 23,'20(Thursday)


 朝から雨が降ってしまいました。予報で夕刻からの雨でしたが、今はで止んでますが、また降り出すそうです。


 馬場は、LW状態です。


 心理状態として、リリースが足りないといわれてリリースをしっかりやってみましたが、やはり馬に反抗されてしまいました。また、構えた状態でレインで馬をホールドしてしまっているので、事前に馬に緊張を与えてしまっているので、ライダーの要求を冷静に受け止められていないと指摘されて、一生懸命ことさら構えることなしに徹してみましたが、馬は穏やかになりましたが、上手くコントロールできなくなってしまいました。


 ここで、考えなくてはならないことは、何故リリースが足りなくなってしまうのかであり、何故構えの時点で、馬をホールドしてhしまうの可であります。

 リリースが足りなくなる理由は、リリースが悪いからで、馬の抵抗を越えてリリースせずに、要求のためにプレッシャーをかけた時に馬の抵抗を、レインハンドや脚で触覚を感じて、この触覚において馬の抵抗感が少し弱くなってときにリリースしなければならないのにていこうかんが弱くなっているかどうかではなくて、視覚として馬が脚のプレッシャーで動いたり、レインプレッシャーで頭が下がったりしたからリリースしてしまっているのです。触角で判断していないので、馬の抵抗が弱まっていないのにリリースしてしまっているので、却って抵抗は強くなってしまっているので、何時までもリリースしないままホールドしてしまうことになっているのです。


 また、構えの段階で馬をホールドしてしまって、事前にプレッシャーを掛けてしまっているのは、感覚的に馬を感じていないときがあるということで、無意識に馬に対してプレッシャーを掛けているということです。

 これを止めたからといって、馬が落ちくことはあってもコントロールが良くなるわけではないのです。

 プレッシャーを掛けることが悪いのではなく、無意識にプレッシャーを掛けるのが良くないということです。



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード