Arena Condition

AM 9:55  Temperature 20℃ Humidity 65% 曇り October 23,'17(Monday)


 関東直撃の台風は、今日中には太平洋に抜けるようで、雨より風台風だったようです。


  馬場は、水浸しですが、これから晴れるようにで、しかも今週は秋日和が続くようなので、週後半までには回復することでrしょう。


 台風の被害はありませんでしたが、色々なものが飛んだり竹の葉がいっぱい散ったりしました。


 自然の猛威といいますが、人間の生活力もこれに負けていません。


スポンサーサイト

Arena Condition

AM 9:30  Temperature 18℃ Humidity 68% 雨 October 22,'17(Sunday)


 鬱陶しい雨が続きます。台風は、今夜が山のようで、明日の朝には関東地方から抜け出るようです。


 そして火曜日からは、秋らしい20℃前後の過ごしやすい日が戻ってくるようです。


 梅雨よりの長雨でした。


 馬場は、水浸しですが、火曜日から天気が良くなれば週半ばには、回復することでしょう。


 柔軟な馬のサンプルヴィデオを見ると、このように柔らかくなる過程が見たいと思って、映像の裏側に何があるのかを見ようとばかりしてしまうのは、私の悪い癖であろう。


 バックヤードを見ることはとても重要だという考えに変わりがあるわけではないが、その映像をしっかりと見る目も必要ではないだろうか。

 このことを具体的にいえば、柔らかい馬で見せられているが、これを硬い馬でもやっていることとしてみるということで、左右にベンドさせたりバップアップしたりを組み合わせてストレッチや準備運動を行っているのを、柔らかい馬でなくてもこれをやって、硬い馬を柔らかくしているのではないのかという目で見るということです。

 もっと詳しくいえば、この準備運動においてやっていることが、特にレインハンドのコンタクトやプレッシャーの加え方をしっかりと見て、自分とどのように違っているのかを見るべきだと思うのです。

 瞬間的プレッシャーばかりで、一定のプレッシャーに維持して、じっくりと馬の反応を待つ態度に欠けているのではないでしょうか。

 つまり、どのような場面でも「タッチアンドプレッシャー」になっているかどうかを注意すべきなのです。

 そして、どのようにピックアップしているか、その角度とポジションが重要なのではないでしょうか。




Arena Condition

AM 9:20  Temperature 18℃  Humidity 69% 雨 October 21,'17(Saturday)


 台風が近づいて秋雨前線を刺激して、雨が降り続いています。


 台風は、月曜日が一番接近するようです。


 馬場は、水浸しです。


 今年の秋は、柿が豊作のようで、何処の柿の木には鈴なりのように実っています。


 美味しそうな柿が食べられそうで、何よりです。


 人間のバランス感覚は、色々な行動に大きな影響力を持ちます。


 性格や嗜好や経験による選択よりバランス感覚による選択の方が、知らず知らずに行動を決めてしまっている傾向にあるのではないだろうか。


 例えば、肉食獣と草食獣とがありますが、肉食獣は平常時において空腹であるがため不安定感を感じ、食物を獲得したときに安定感を感じ、再び空腹になるにつれて不安定感に戻ります。一方草食獣は、周辺に食物が溢れているので平常時に安定感を感じ、肉食獣に襲われて危機が訪れたときに不安定感を感じて、危機を脱出したときに安定感に戻ります。


 技術の革新においても、性格に関わらず平常時に不安定感を感じるのか、安定感を感じるのかによって、それぞれ行動が違ってくるのではないだろうか。


 平常時に不安定感を感じる者達は、技術の革新や変化を求めて行動して、何らかの変化を獲得し、暫しの安定を感じるが、それが普通のこととなれば再び不安定感を感じて、技術の革新を求める。

 一方、平常時に安定感を感じている者達は、何らかの危機や刺激に会うと、一時的に安定感を求めて技術の革新や変革の行動をするものの、時が経ち危機感や刺激が薄れてくれば、技術の革新や変革が得られなくても平常時に戻るので安定して、再び危機や刺激がなければ、自ら技術の革新や変革を求めて行動することはない。


 元々日本人は、農耕民族なので、草食獣のカテゴリーに所属し、アメリカ人は狩猟民族なので肉食獣のカテゴリーに所属すると良くいわれていました。しかし、今日江戸時代が見直されてきて、この鎖国時代にもの凄い技術革新が起きていて、現在クールジャパンの構想で世界に誇れるものを輸出しようとしているものは、殆どが江戸時代までの作られてきたものなのだということが分かる。


 従って、日本人は物まねの文化で、創作的才能がないと自虐的思想がバブル期に蔓延していたが、全くの間違いで、元々肉食獣的なのが日本人なのではないだろうか。むしろ戦後のアメリカの政策によって、日本人は草食獣だと思わされてきたのではないだろうかとさえ思うのです。

 何故なら、戦争当時に資源物資が枯渇する中で、様々な発明や工夫によって世界に誇れるような戦闘機や潜水艦をなどを日本人は作り出しているのを見れば明らかなのです。


 縄文人は、農耕民族ではなく狩猟民族であったことが知られる今日、クリエイティブな民族であることを再認識すべきではないでしょうか。

Arena Condition

AM 10:25 Temperature 15℃  Humidity 67% 曇り  October 20,'17(Friday)


 毎日鬱陶しい天気が続きます。


 馬場は、水浸し、結構な雨ですので、水捌けは良さそうです。


 雨なので、馬には乗ってませんが、身体が鈍ってしまうので、毎日ロープを投げています。


 ロープを投げる頻度は、以前よりここのところ減ったのですが、全く鈍っていません。鈍っていないどころか絶好調で、このところ4時10時の投法で投げていましたが、どうしてもロープのリリースポイントが安定しないリスクがあるように感じていましたが、根本的なことが昨日見つかったようで、更に絶好調になりました。


 今日は、もっと見つかったポイントが確信できるようになりそうです。


Arena Condition

AM 9:00  Temperature 13℃  Humidity 64% 雨 October 19,'17(Thursday)


 昨日は、ほんの一コマのように、今日はまた雨でとても冷たい陽気に戻ってしまいました。


 一日中雨のが降るようです。


 馬場は、水浸しです。


 自分の行動を発進情報で認識するのは、必然ですが、受信情報で認識するには工夫が必要です。


 人の運動は、脳から遠心性神経によって運動器官へ指令が下って作動します。これを脳から命令を発進するので、発進情報といいます。接触感などの外部情報は、求心性神経によって、脳へ送られてこれを認知するので、受信情報といいます。

 従って、脳が運動を運動器官に対して命令する発進情報は、脳自身が何らかの意図を以て発進するので、これを認識するのは必然です。しかし、同じ発進情報であっても、外部情報によって起きる反射的運動などは、認知しない場合があります。


 これに対して、外部からの受信情報は、この情報に意識が向かない限りこれを認知することができません。必然的に外部情報を認識するには、運動の目的を自らの運動器官ではなく、客体に向けることによって、外部情報を認知するようになります。


 例えば、腕を動かすということではなく、馬の頭を右へ向けるとか、脚を使うということではなく、馬の左前肢を右へステップさせるというように、運動の目的を客体に変化に向ければ、客体の動きを検知しようとするので、自然に外部情報つまり受信情報を認識できるようにになるのです。


 発進情報と受信情報の二つを以て、自らの運動を認識する必要があるのです。

プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード