Arena Condition

AM 9:15  Temperature 29℃ Humidity 53%  曇り  August 21'17(Monday)


 今週の傘マークがなくなりました。


 今朝は、曇っていますが時折日差しがあり、馬場が良いコンディションに回復しそうです。


 お盆の週が終わり、本格的に九州の大会に気分は入って参ります。


 「タッチアンドプレッシャー」の効果がでているものの、もう一歩のところで絶対的変化を生むことができていません。


 感覚的に良いと思うところでリリースするもの、そのリリースの効果が現れないのは、何故でしょう。

 このとき感覚的判断が間違っていると、循環がロングサイクル(悪循環)となってしまうのです。


 馬が反応したときにリリースするのであれば、馬は反応すればプレッシャーから解放されることを学習するライトサイクル(好循環)となります。しかし、反応を止めたときにリリースすれば、反応を止めればプレッシャーから開放されることを学習するので、ロングサイクルとなってしまいます。


 「タッチアンドプレッシャー」は、初めの段階では、馬が抵抗を示さなければ反応しなくてもリリースします。その内タッチしただけで馬が反応をするようになるので、反応をしたときにリリースします。この段階を経ると、タッチしようとするだけで反応を見せるようになるので、つまりレインが緩んでいるところから徐々にタイトになる過程で馬が反応するようになります。そしてタイトになるまでレインを引いてタッチします。すると馬があるところまで反応したところで反応が止まります。このときライダーがミスを犯してしまうのです。


 馬の反応が止まったところでビットがタッチするので、反応が止まったところでリリースしてしまうことになれば、反応を止めればプレッシャーから解放されるという循環になってしまうのです。反応をするようになってからは、反応を始めてからリリースするのが鉄則ですので、反応が止まったところでビットがタッチしたとき、再び反応が始まってからリリースするようにしなければ、いい循環になることはありません。


 「タッチアンドリリース」に徹するためには、初期段階よりも馬の反応が始まってからの方が細心の注意をはらわなければなりません。タッチしたとき馬の反応が生まれて、このときにリリースしますが、徐々にタッチする仕草をしただけで馬が反応するようになりますので、タッチするまでゆっくりをレインを引いてタッチします。タッチしたところは馬の反応が止まったときなのです。このときにリリースするのではありません。タッチしたまま待つことが重要なのです。反応してリリースするのが望ましいですが、反応しない内にリリースすることは差し支えありませんが、タッチして直ぐにリリースすると反応が止まったときにリリースする循環になってしまうので、2~3拍タッチしたまま待ってからリリースすることが重要なのです。待ってからリリースすることによって、馬は新たな反応やもっと深い反応をして、このプレッシャーから解放されることを学習するようになるのです。


 もう一つ重要なことは、馬の反応が止まったときに、反応を求める気持ちがレインをタッチで止めず無意識に引っ張ってしまう。引っ張ってしまえば「タッチアンドプレッシャー」のシステムの一貫性が崩れ、「プルアンドリリース」になってしまい、馬のメンタルに不要なプレッシャーをかけてしまいます。


 ライダーがビットのタッチを意識して、プルではないことを注意しなくはできないシステムで、タッチして馬の反応を待つという姿勢が重要なのです。そうすることで、レインハンドが安定して、馬に与えるフラストレーションを最小限にすることができるのです。



スポンサーサイト

Arena Condition

AM 9:35 Temperature 25℃ Humidity 60%  曇り  August 20,'17(Sunday)


 今朝はも梅雨空です。昨日は日中時雨のような豪雨がありました。

 今日は一日中、曇りのようです。来週は、気温30℃越えの夏空がやってきそうです。


馬場は、不良です。


 「肝心な1ページ」


 新しいプロジェクトじっしたとき、大きな飛躍が見られたものの肝心の1ページが幕開けしない。何故何のだろうか。


 何か意識的に、足りないことがあるのかも知れません。


 原因について考えられることは、問題意識が愚焚かしていなかったり、問題の特定が為されていないことがあるかも知れません。

 初動作に問題ががるとか、最終動作が問題だとか、運動の移行時に問題が発生するとか、左右どちらかへのサイドステップに極端なさがあるとか、どんな運動のときに抵抗が強くなるとかなどと言ったように、問題を特定して取り組まなくてはならないのに、漠然とした問題意識の中で新しいことを施して、感覚的に良くなった感じがあるものの、完全に良くなった感がないというジレンマに陥る。


 問題意識が具体でなければ、解決したこともまた漠然としたものになるので、次なる課題もまた漠然としたものになる。問題が幾つか複数考えられるときは、一つか二つに絞って取り組む。


 問題が具体化していれば、映像を見ても後で振り返っても、印象の残っていることや映像を見た瞬間に飛び込んでくるモーションがはっきりするが、問題意識が明確でないと、記憶も曖昧で映像を見ても漠然としてしまうのです。

Arena Condition

AM 10:00  Temperature 30℃ Humidity 59% 曇り August 19,'17(Saturday)


 今朝も梅雨空のようです。


 来週には、夏になってくれることを期待します。


 馬場は、不良です。


 「タッチアンドリリース」の成果が出始めています。


 常歩や速歩のなどの途中までが良いのだが、駈歩となると上手くいかないとか、運動の移行のときに柔軟性がいまいちとかというように、完結という程の結果はでていないようです。

 今日は、その原因を追及したいと思います。



Arena Condition

AM 10:10  Temperature 33℃ Humidity 42% 晴れ August 18,'17(Friday)


 今朝は、久々の気温が高く、日差しがあります。


 馬場は、大分水が引きましたので、大分回復すると思います。


 夕方には、雨がありそうですが、すっきり夏というわけに行かないようです。


 フィジカルの動きを誘導するものは、イメージで、このイメージは、認識していることもあれば無意識であることもあるものです。多くの場合に無意識であることが多いとも考えられます。


 イメージは、簡単なものではない。イメージしようとしても、できる場合とできない場合とがあります。技術的に備わっていることはイメージし易く、また体験したことがある場合もし易いものですが、未体験のことや知らないことはイメージできません。そして技術的に備わっていないこととなると、イメージしようとしてもできないし、知っていることでも体験したことでもできるものではありません。

 その逆に技術的に備わっていることはイメージし易いものなのです。しかし、技術がないからといって必ずしもイメージできないということでもありません。


 できないことや未体験なことや知らなかったことでもイメージできるようになることはできます。それには訓練が必要なのです。


 その訓練とは、関連思考です。何かをテーマとすることで、何を関連思考として想念するかを認識するように努めることです。つまり、絶えず自分が何を想念しているかを置き去りにしないで、認識するようにすることで、特に身体を動かすときに、何を想念しているかを突き止めてから始めるようにします。 これを繰り返し行えば、自分の頭に何を想念しているかが意識下にあるようになりますので、想念することをコントロールすることができます。

 つまり、インメージをコントロールすることができますので、未体験や技術の伴わないことも、それなりにイメージすることができるのです。


 そして、イメージを意図的に持つことができるようになれば、フィジカルの動きもこのイメージによって誘導することができるのです。


 従って、ものごとなそうとする時に、何をテーマとすることによって何をイメージできるようになるかという課題を以て対処するようになれるのです。


Arena Condition

AM 9:25  Temperature 25℃ Humidity 65% 曇り August 17,'17(Thursday)


 今朝は、曇っていて、予報では曇りのようです。しかし、週末まで降ったり止んだりといった梅雨模様のようです。


 馬場は、不良コンディションです。


 人間の頭脳は、何かを想念すると、その想念に誘導されて何かを連想するものですので、目的に向かって行動するとき、自らの言動をコントロールしようとするときに、何を想念することによって目的に沿うような言動が誘導されるかを思考することは、とても合理的なことです。しかし、目的を直接的に遂げようとしても、想念していることが的外れでは、とても目的を達成することはできない。


 ものごとに取り組むとき、どんな考え方で望むべきかを戦略として考える人は少ない。しかし、人間は無意識に何かを想念しているものだから、その想念に誘導されて言動が起きてくるので、思うようにいかないという認識を持つのです。しかし、思うようにの思うは想念であって、意識している目的ではないのです。

 つまり、無意識でもイメージや想念をしているのが人間なのですから、そのイメージや想念をコントロールすべきであって、言動そのものを直接コントロールしようとしても無理なのです。


 イメージをコントロールすることが重要なのです。


 何をイメージすれば、どんな言動を誘導できるかを絶えず考えることが、自分の行動をコントロールすることなのです。



プロフィール

eldorado ranch

Author:eldorado ranch
eldorado ranch
Arena Condition

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブックマーク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード